副業のすすめ

初心者はアドセンスにこだわりすぎ… アフィリエイトからコツコツ始めましょう!

バンコクタイムズ

◆バンコク銀行:口座解約◆名義人死亡で解約に100万円掛かる?

バンコク銀行で名義人死亡の口座解約に30万バーツ(約100万円)掛かる? 相続人が『裁判所による遺産管理人任命の命令書』取得に弁護士費用が必要だと… キャッシュカードとネットバンキングのID/パスワードを記録しておくのがおすすめ!

◆在タイ日本国大使館◆新型コロナ二人目の感染を確認(8人は否定)

在タイ日本国大使館は、二人目の新型コロナ感染者を確認、梨田大使との接触はなしと発表。 併せて、一部報道で日本人職員8人が感染したと報じられたが、事実ではないと否定。 大使館の領事窓口時間の一時変更を当面の間、継続することになり注意が必要。

◆タイのセックスワーカー◆推定10万人:収入も補償もなく故郷にも帰れず

この記事は、ちょうど一年前のソンクラン前に書いたものに追記しています。 今回の梨田大使の件も含め、タイで発生しているクラスターに『夜の街』が絡んでいることは明白で… : 日本の東京では、新宿の歌舞伎町が小池都知事から感染源と名指しに。 タイでは…

◆タイ・日本首脳電話会談◆タイを検疫強化国に追加◆バンコク移動制限

・菅総理:プラユット首相との電話会談でワクチン保冷設備等6億円支援提案 ・外務省:変異株が確認された国からの検疫強化するリストにタイを追加 ・バンコク:バンコク都を含む5県からの入境者に隔離措置を求める県が増加中

【確定】梨田大使はナイトクラブ訪問後に感染:大使館が明らかに

在タイ日本大使館が梨田大使のナイトクラブ訪問後の感染を明らかにした。 : タイ保健省は7日、バンコクの歓楽街で発生したクラスターの24人から英国型の変異ウイルスを検出したと発表した。 タイで同変異ウイルスの市中感染が確認されるのは初めてだ。 梨田…

◆タイの付加価値税(VAT)◆2021年9月まで7%で据置:コロナ景気懸念

タイの付加価値税(VAT)は、7%への引下げ措置(本来10%)を2021年9月まで延長。 1999年4月、景気後退からの期限措置だったが、時の政権が引き上げを先送り。 現在の新型コロナ禍による景気後退局面では、更なる引下げ措置延長と予想。

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に

タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。

◆タイのインターネット◆TRUEのサービスをお休み(中断)する方法

タイ在住で長期的に一時帰国する場合、インターネットを中断したいと考える人は多い。 Trueのインターネットサービスは、年2回、各回の上限90日、計180日間の中断が可能。 中断期間中は、月150バーツのメンテナンス費用を徴収されるが全額よりはマシか…

◆タイのソンクラン2021◆水かけ祭り禁止:2020年に続き

タイの文化大臣が、2021年のソンクラン期間中の水かけ祭り禁止を明言。 3月中旬、バンコクのバンケー地区の市場で発生したクラスターでは93人の陽性を確認。 ソンクラン期間中の人流による感染拡大が懸念され、2020年に続き、水かけ祭りを断念…

◆バンコクのゴルフ場で本格飲茶?◆『シェフマン(文苑)』は本物!

世界のグルメがしのぎを削るバンコクで、本格的な飲茶が楽しめる『シェフマン(文苑)』 お店は、スワンナプーム飛行場近くのゴルフ場(Thana City Country Club)の敷地内。 バンコク都内からちょっと足を伸ばせば、素敵な景色と美味しい飲茶が堪能できておすす…

◆バンコクの悪徳タクシーに注意◆ダッシュボードの下にターボスイッチ

世界的にも評判のよろしくない、バンコクの悪質なタクシードライバーに要注意! 『ターボ・メーター』『ターボ・チャージャー』と恐れられるタイの悪徳タクシー。 ついにカメラが捉えたのが『ターボ・スイッチ』だった!

◆日本のワクチンパスポート◆デジタル後進国:世界の潮流に乗り遅れる

世界では、ワクチンパスポート構想導入に向け具体的な法案整備などが進展中。 ところが、日本政府はコロナワクチン接種証明書の国内導入に慎重、海外向けは構想さえ見えず… 海外渡航先がデジタル証明を求めた場合、どのように対処していくかさえ想定していな…

◆タイのソンクラン2021◆水かけ祭りはやるの?やらないの?

タイ政府は、2021年、タイの旧正月(ソンクラン)を6連休(4月10日〜15日)に設定。 タイ王国政府観光庁(TAT)の長官は『例年通りソンクラン祭りを開催』と発表。 プラユット首相は、ソーシャルディスタンスを守れた場合に限り祭りは出来ると…

◆タイ全土が熱狂!1日と16日は宝くじ抽選会◆280円が2000万円に!

タイ人はギャンブルが大好き、特に、手頃な掛け金の宝くじが大人気! 毎月1日と16日の当選番号抽選会の時間帯は、タイ中が固唾を飲んで見守る! 額面80バーツ(約280円)の宝くじが、一等賞金600万バーツ(2,000万円)に!

◆タイのワクチン:日本人はいつ?◆2021年末迄に6,300万回

タイの新型コロナ状況管理センター(CCSA)が、最新のワクチン調達状況を公開。 2021年末までの6,300万回分内訳は、Sinovac製200万、AstraZeneca製6,100万。 タイの人口は7,000万人弱、一人一回接種でも日本人に回ってくるのは…

◆海外在住者のマイナンバー◆金融機関へ提出猶予は2021年末まで

マイナンバーの金融機関への提出猶予期限は2021年12月末。 住民票を持たない海外在住者は提出しなくても良いが、海外送金の問題が生じる事に… 一時帰国の際、一旦、住民票を戻してマイナンバーを取得し、提出するのがおすすめ!

◆日本より速いタイの少子高齢化◆高齢者介護事業は政府承認制に

日本同様に少子高齢化が進むタイでは2025年までに高齢化率が20%に達する見込み。 タイ政府は、少子高齢化に備え、2017年、通例だった55歳定年を60歳定年制に。 今後増えるであろう『医療機関以外での高齢者介護事業』をライセンス制度に。

◆ワクチンパスポート構想◆接種証明書で隔離なしは実現可能か?

欧州連合(EU)では、ワクチンパスポート構想(接種後、域内を自由に移動)を検討中。 技術面では国際航空運送協会(IATA)提唱のトラベルパス(ワクチン接種+陰性証明)が主流。 セイシェルは接種者の検疫無し入国を承認済。 各国政府の承認が待たれる…

◆タイvs ベトナム◆「アジアの工場」主役交代?結果はずいぶん前から

日経新聞が、タイから『アジアの工場』の主役がベトナムに交代?との記事を掲載。 米中貿易戦争の加熱と同時に、中国からベトナムに雪崩を打って工場移管が進んだはず。 何を今更と思うが、新型コロナの感染抑制対応でも差をつけられ始めている模様…

◆海外在住者の保険◆日本の国民健康保険?海外の医療保険?カードの海外保険?

海外の医療費が高額なのは周知の事実です。 そこで、日本の健康保険は残したほうが良いのか悩むところです・・・

◆タイのIDカード取り方◆外国人用ピンクの身分証明書|日本のマイナンバー

タイ政府の発行するID(身分証明書)『บัตรประจำตัวคนซึ่งไม่มีสัญชาติไทย』を取りました。 タイ人用のIDはブルーですが、外国人用は『ピンクのIDカード』と呼ばれる。 役所が混んでいなければ20分程度、費用は60バーツで取得できます。

◆タイで運転免許証更新(5年有効)◆バンコクでバイク乗りたい

タイの運転免許を更新するのは簡単です! バンコクの第三陸運局(BTSバンチャック)で更新してきたのでレポートします。 最初は2年間の仮免許、更新後は5年更新です。 当日は、朝一番ではなく午後1時以降に行きましょう。 免許更新の時期・期間(タイミング)は…

◆タイのワクチン接種◆2月の200万は中国製で合計6,300万回分確保

タイ政府は、アストラゼネカからワクチンを追加で3,500万回分購入を承認。 一方、2月に到着する200万回分は中国シノバックからの購入し、レッドゾーン医療従事者を優先。 2021年内に合計6300万回分でタイの人口の半分をカバーする予定。

◆タイのワクチン接種◆2ヶ月前倒し+追加購入で2600万人分へ

タイ政府は、ワクチン200万回分を2ヶ月前倒しの2月~4月に確保すると発表。 アストラゼネカとの契約で2,600万回分を5月供給、追加で2,600万回分購入交渉中。 タイでは第二波の影響でバンコクを含め全土で活動制限強化中でワクチンが待たれる…

◆タイでコロナ失業給付を再導入◆第二波で閉鎖された事業者を支援

バンコクの西隣県の水産市場で発生したクラスターはタイ全土に広がる気配。 これ以上の感染拡大を抑えるべく、パタヤなどの地方でもロックダウンを敢行。 事業の閉鎖を求める政府は、前回8月で終了したコロナ失業給付再導入を承認。

◆パタヤ・ロックダウン◆チョンブリ県規制:在タイ日本国大使館

新型コロナの第二波が猛威を振るうタイで、パタヤのロックダウン。 バンコクの西隣のサムット・サコーン県の海産市場に端を発したクラスターは全土に感染拡大。 一時閉鎖は、飲食店、百貨店、サービス施設などで、コンビニは深夜営業停止。

◆タイのワクチン接種◆モデルナ製(1万バーツ)の予約受付中止

タイの民間病院が、未承認のモデルナ製ワクチンの予約受付を保健省の指示で中止に。 タイ政府はファイザー製ワクチンを1300万人分を契約済みで無償提供の予定。 タイの富裕層でなくても、1万バーツなら喜んで払うでしょう…

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ

在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…

◆シンガポール:ワクチン接種開始◆12月30日医療従事、2月70歳以上

シンガポールは、感染症センター医療従事者のワクチン接種を12月30日から開始。 2月から70歳以上高齢者の接種も開始、9月迄に外国人含めた全住民に接種完了予定。 ファイザー製ワクチンのアジア初の接種開始。 日本での接種開始が待たれる。

◆シンガポール航空◆コロナ陰性+ワクチン接種のデジタル証明書

シンガポール航空がコロナ陰性結果やワクチン接種状況をデジタル化する実験開始。 今後の海外渡航には、コロナ陰性+ワクチン接種情報開示が必須となるのは明白。 ANAやJALも追随予定。 近い将来、普段の生活でも情報開示が必須になる可能性も…